Please reload

ソーシャルメディア

August 6, 2019

ドローンメーカーとして定評のあるDJIが発売した教育用ロボットROBOMASTER S1。発表以来ずっと注目していたのですが、ようやく入手したので、まずは作ってみました。

 パッケージは白地にドーンとロボットが。なかなかかっこいいです。

 パッケージを開くとまずこれが出てきます。ここでけっこうテンションあがります。

段ボールの中には、組み立て説明書の他、練習用の的につかうのでしょう。数字の書いたプラカードとその台にする厚紙が入ってます。 

 上のパーツを取り除くと、その下の段にはこれが入っています。ボディとキャノン部分ですね。

 組み立て説明...

December 3, 2018

2018年の8月末に、Edisonに新しいプログラミング環境がリリースされました。その名もEdscratch。

EdScratchにアクセスすると、最初はまったくEdBlocks と同じ感じの画面。

プログラミング画面。Scratch風ではありますが、かなり見た目はちがいます。画面下に常に白いエリアがあり、これは何?と思ったのですが、ここはエラーなどが表示されるエリアとして最初から確保されているようです。

これまで、Edisonには、EdBlocksEdWareEdPyという3種類のプログラミングツールがありましたが、4番目のツールの...

August 7, 2018

以前、大手某プログラミング教室を運営されている元プログラマーの方にきいたことがあります。「プログラミングに向いている子ってどんな子ですか?」 すると、彼は即座に「リファクタリングできる子ですね」といいました。

Wikiによれば、「リファクタリング」とは、「外部から見たプログラムの動きを変えずに内部構造を整理すること」とのことで、確かにこれができる、できないというのは、プログラミングのセンスという意味で大きな違いがあるのだとは思います。ただこれは、それなりにプログラミングができるようになってからの話で、そのもっとずっとずっと手前なのに、...

May 22, 2018

Edisonのロボットは、手軽で使いやすいのですが、ときどきまっすぐ走らなくなってしまうことがあります。そんなときは、メーカーがキャリブレーション用のバーコードを公開していますので、これを使用すれば、たいてい治ります。

Drive Calibration(解説ページ)

Edison V2.0 Acceleration Calibration(バーコード印刷用PDF)

このバーコードをEdisonに読ませます。これを実施するときは、Edisonはすでにまっすぐ走らなくなっている状態ですから、普通にやってもバーコードを外れてしまって、上手く読...

March 19, 2018

ちょっと間が空いてしまいましたが、前回の続きです。EdBlocksのコマンド入門については、前回の記事を参照してください。

EdBlocksでEdisonをプログラミング(1)

さて、今回はDriveのコーナーに並んでいる、このブロックからスタートです。

このアイコンのイラストから考えれば、このブロックは、「ある条件のときに直進する」というブロックであることは直感的に理解できます。

試しに下のようなプログラムを書いて実行すると、Edisonはずっと前進します。無限ループを使わなくても、このブロックひとつだけで無限ループと同じ状態となります。

...

January 27, 2018

以前も書きましたが、Edisonには3つのプログラミングツールが用意されています。EdBlocksはそのうち一番入門者向けのものです。メーカーはEdBlocksの対象年齢は8〜12歳向けと表記していますが、画面のイメージは、5〜7歳向けとされているScratch jrに近いです。EdBlocksも英語圏なら、これくらいの年齢から使えるのではないかと思います。

また英語が読めない子どもでも、メニューのどこにどんなブロックがあるかがわかれば、あとは何とかなりますので、日本でも6〜7歳くらいからなら使えるのではないかと思います。僕が最初にE...

January 26, 2018

以前お伝えした、LEGO BOOSTですが、日本での予約が開始されました。

  以前の記事はこちら

  →レゴの新ロボットLEGO Boost発表(2017.1.4)

  →レゴの新ロボットLEGO Boost【続報】(2017.1.5)

  →レゴBoostの日本発売は2018年とか...(2017.5.29)

商品名は、「レゴ ブースト クリエイティブ・ボックス 17101」。

本日(2018.1.26)から、トイザらス・オンラインで先行予約が開始されたようです。価格は21,598円(税込)です。

 日本ではトイザらスだけが2/1発売で、その...

January 23, 2018

EdisonはBluetoothやWi-Fiを使わずに、ケーブルでPCからプログラムを転送します。アナログの音声ジャック(ヘッドフォンジャック)からつなぐのです。つまり、プログラムデータは、大昔のモデム通信やFAXと同じように普通の電線を伝わって転送されるのです。最近ではちょっと珍しい仕様ではありますが、Edisonの価格を下げるために寄与していると思いますし、これでもかなり安定してプログラムが転送できます。

Edisonのデータ転送ケーブル 2つの突起がある方を本体裏にさしこむ。

もう一方はPCの音声出力ジャックに。

ところが、この音声...

January 17, 2018

先日、オーストラリア製のEdisonというプログラマブルロボットを入手しました。これが低価格なわりになかなか良くできていて感心しました。ロボットプログラミングの入門機としておすすめできると思いますので、ちょっと詳しくレビューしてみます。

さて、このロボットの特徴なのですが、こんなところかと思います。

・US$49で、送料込みという低価格(まとめ買いするともっと安くなります)

・赤外線、カラー、明るさ、音の4種類のセンサーを内蔵

・組立不要

・レゴブロックがはまる

・PCでプログラム可能(プログラムツールは初級〜上級まで3種類用意されている)

・P...

December 18, 2017

ちょっと前にネットで見かけてどうしても欲しくなってしまったレゴの新製品、サターンVのブロックを、つい買ってしまいました。1969ピースという、なかなか洒落たピース数(もちろん、アポロ11号が月に着陸した1969年にひっかけたものですよね)のこの作品は、レゴアイデアといわれるシリーズの作品です。これは、ユーザーの提案に10000人の賛同者が集まるとレゴが商品化を検討するという限定商品のシリーズで、正式なカタログには掲載されないものなのだそうです。2017年にもなって、なぜ今頃サターンVが選ばれたのかはよくわかりません。でも僕にとって、...

Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square