Please reload

最新記事

Edisonロボットがまっすぐ走らない!

May 22, 2018

1/5
Please reload

特集記事

レゴの新ロボットLEGO Boost発表

January 4, 2017

動画は Wall Street Journalサイトより 動画が再生されない場合は、こちらをご覧ください。

動画はengadgetのサイトにもあります。こちらも取材動画です。

 

今日急にLEGOの新しいロボットのニュースが流れてきました。どうも明日(2017年1月5日)からラスベガスで開かれる、CESでLEGOが発表する新商品のニュースが解禁されたようです。まだLEGOの正式なリリースはググっても見つからなかったので、各社一斉のフライング報道なのかもしれませんが。(ちなみに僕は今から20年以上前、ちょうどCD-ROMがマルチメディアの時代を開くなんて言われた頃のCESに行ったことがありまして、懐かしかったですねえ。どうでもいいですが^^;)

 

LEGO Boostという名前のロボットですが、各社の報道をまとめると、こんな感じのロボットのようです。

 

 ・価格:$160

 ・発売時期:2017年下半期

 ・対象年齢:7歳以上

 ・パーツ数:843ピース

 ・対応OS:Android、iOS

 ・接続方式:Bluetooth

 

プログラムソフトはAndroidもしくはiOSのタブレット専用で、PC用は用意されていないようです。パーツ数は、543ピースと報道しているメディア(MashableとTechcrunch)もあったのですが、843もしくは840との報道もあり、本当はどっちが正しいかはわかりません。840と843の違いは、Boost Brickと呼ばれる本体パーツが3つあるらしく、それをパーツ数に入れるか入れないかの違いのようです。

さて、気になるスペックですが、各社の報道を見るだけではまだ不明なところもあるのですが、現時点で読み取れたところをまとめてみます。

 

まずは、3つあるというBoost Brickですが、これを一番詳しく報じたengadgetの記事にには、こう書いてあります。

 

 Boost Brick1(コアユニット)

 ・6軸の傾斜センサー(six-axis tilt sensor)内蔵

 ・2つの入出力ポート

 ・電源ボタン

 ・色が変わるライトが附属

 ・単3電池6本で動作

 

 Boost Brick2

 ・色と距離の組み合わせセンサー(combination color and distance sensor)

 

 Boost Brick3

 ・インタラクティブモーター

 

最初「6軸の傾斜センサー(six-axis tilt sensor)」と聞いて、一瞬、EV3のジャイロセンサーより高機能なものがついてるの?、とびっくりしたのですが、よく読めば、あくまで tilt sensor なので、ジャイロではなく振動を感知するセンサーが内蔵されているということのようです。

 

もうひとつ、おっと思ったのは、モーターです。engadgetやWSJの動画を見ると、人型のロボット(Vernieという名前のようです)がけっこう自由に動き回ってます。この動きができるということは、足の部分に間違いなくモーターが2つついています。これは、engadgetには記載されていませんでしたが、mashableにはそれらしいことが書いてありましたので、恐らくBoost Brick1(コアユニット)の方に内蔵されているのではないかと思います。

 

さらに、ロボット(Vernie)の頭を動かしているモーターがBoost Brick3の方で、これをケーブルで繋いでいるのでしょう。ということは、デフォルトでモーターが3つ付いているということになりますので、モーター数はEV3とほぼ同じ構成ということができると思います。これだけでも、附属モーターが1個だけで、デフォルト状態では前進・後進しかできないWeDo 2.0よりかなり高機能なロボットであることが予想されます。

 

Boost Brick2は、センサーブロックですが、conbination と表現されているのは、恐らく一つのセンサーで両方の役割をするものなのだと思います。動画を見ると、EV3のカラーセンサーのようなものが見えますが、レンズが3つ見えますので、ひとつのパーツで、カラーセンサーと距離センサーを兼ねているのでしょう(同時に動作させられるんですね、きっと)

 

その他の機能としては、タブレットのプログラムアプリで録音した音声を、ロボットに喋らせることができるようで、これは結構楽しい機能ではないかと思います。

 

 

引き続きいろいろなニュースが出てくると思いますので、何かありましたらまたフォローしたいと思います。それにしても、レゴがこんなに気合の入ったロボットを、$160でリリースしてきたのには正直驚きました。これが出てきたら、前進・後進しかできないのに$160以上もするWeDo 2.0を買う人なんていなくなると思うんですが、あっちは学校市場向けだからいいのかなあ? でも、家庭にこれが普及したら、学校で使わされるWeDoなんかつまらなくなっちゃうんじゃ・・・。(ちなみに、WeDo2.0って1年前のCESで発表されたばかりなんですよねぇ...)

 

今回参考にした記事は下記です。

 

Lego Boost teaches kids how to bring blocks to life with code (Engadget)


Lego Boost Brings Robotics to a Younger Audience (Wall Street Journal)

 

Lego targets pre-Mindstorms minds with its Boost educational kit (Teckcrunch)
 

Lego boost mashes code-training and robo-building in one fun package (Mashable)

 

Lego Boost is going to turn all your Lego toys into programmable robots (CNET)

 

 

【2018.1.26追記】

 日本発売が2018.2.1に決定。先行予約が開始されました。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Please reload

タグから検索