タブレット・スマホ向け 教材アプリ開発

・HTML5によるiOS/Androidアプリ同時開発
 iOS、Androidの子ども向け教材アプリを数多く開発してきました。もちろんフルスクラッチの開発も可能ですが、その場合、OS間の移植に非常に工数がかかることになります。弊社では、HTML5を使用してiOSとAndroidアプリを同時に一気に開発する手法をおすすめしています。この手法で、Windows対応のアプリに発展させることも可能です。今1種類のOSのリリース予定しかない場合でも、将来の自由度を確保するため、また運用工数削減のための最良の選択だと考えているからです実際にこの手法で開発したアプリが複数稼働しております。詳細はお問い合わせください
 
・アプリと教材コンテンツの一体開発
 UI設計、コーディング、教材コンテンツ制作まで一体で開発を行っております。企画段階からお気軽にご相談ください
 
・弊社には社員のプログラマーはおりません
 プログラム開発の際は、これまで数々の開発を共に行ってきたフリーランスやシステム会社のプログラマーとチームを組んで案件にあたります。案件規模に応じた柔軟な体制を心がけております。これらスタッフは、実績豊富な手練のプログラマーばかりです。
子ども向け教材アプリ開発

Oska Writing(2020年10月リリース)

Oska.png

漢字学習に難のあるすべての方に向けた、全く新しい漢字学習アプリ。筑波大学人間科学研究科障害科学専攻博士後期課程の大西正二氏の研究成果に基づいて開発されたものです。iOS/Android版を同時開発いたしました。文字は常用漢字すべてと、ひらがな、カタカナを収録しています。Lite版は学習できる文字数に制限がありますが、全ての機能を体験いただけます。

AppStore(iOS対応)

Oska Writing(フルバージョン)

Oska Writing Lite(無料版)

GooglePlay(Android対応)

Oska Writing(フルバージョン)

​Oska Writing Lite

実績

​・2021年6月:MCブロックビルダー(自社アプリ)を開発、リリースいたしました。

・2020年10月:Oska ​Writingの開発を行いました。プログラム開発、コンテンツ制作からストアリリースまで一貫して行いました。

・2018年7月:(株)学研プラス様発売の書籍「プログラミングで動く! スマホロボ工作キット」のアプリを開発いたしました。

​・2016年12月:KidsScriptの開発協力をいたしました。

​その他、NTT Docomo様のdキッズで配信されている子ども向けアプリの開発、手書き文字認識エンジンを使った漢字学習アプリなどの開発経験もあります。