• 原田洋一

光る花のツリー:MCブロックビルダー作例

更新日:2021年10月20日


 MCブロックビルダーの解説書にはいろいろな作例が載っていますが、本に載らなかった作例もいろいろあります。そんなバリエーションのようなものもときどき紹介していこうと思います。第一弾は、「花の光るツリー」です。


土ブロックでツリーを作り、その上に花を置きます。

花の向こう側には、グロウストーンを置いてありますので、













これは、「円ブロック」と変数座標を使って、Y座標(高さ)を増やしながら、半径を減らしていくことで作ることができます。


早速プログラムを見てみましょう。


 これですべてです。そんなに難しくないと思います。座標を表すために、x 、y 、z という変数を作り、これを使っています。また半径も、r という変数で扱っています。


 変数の初期値は、このツリーを作る場所の座標(「円ブロック」の中心の座標)ですから、好きな数値にしてください。(当然マインクラフトのワールドの中で自分が立ってる場所の近くにするべきですね。そうしないとできた作品が見えません...)


 3つの「円ブロック」が使われていますが、それぞれの内容は以下のようになっています。



①土ブロックの土台を作る

 座標と半径はすべて変数にします。花を植えるためには「土ブロック」が必要です。土ブロックを表すブロックIDは2、引数は0ですので、このようになります。



②土ブロックの上に花を置く

 このプログラムのポイントは、Y座標の扱いと、花の引数が乱数になっていることです。

花は、①で置いた土ブロックの上に置くわけですから、①のY座標に+1した数値がY座標になります。その計算のために演算ブロックを使っています。


 また、花なのですが、実はMCブロックビルダーのサンプルプログラムに含まれているブロック一覧.pdfの中には、花のブロックIDが含まれていません。(すいません。電子書籍の方には、他にもたくさん使えるブロックの一覧がありますので、是非そちらもご覧ください)


 ブロックID38の花は、引数の違いでいろいろな花になります。


引数0:ポピー

引数1:ヒスイラン

引数2:レンゲソウ

引数3:ヒナソウ

引数4:赤色のチューリップ

引数5:橙色のチューリップ

引数6:白色のチューリップ

引数7:桃色のチューリップ

引数8:フランスギク


 ですから、ここでは引数を0〜8の乱数としてあります。このため、実行するたびにちがう花が並ぶツリーになるわけです。



③花の後ろにグロウストーンを置く

 この花のツリーは、夜になったときにきれいに光るように、花の後ろ(奥)にグロウストーンを置いてあります。こうすると、花に後ろから光が当たってきれいです。このようにグロウストーンを置くための座標はどうすればいいでしょう? これも案外簡単です。グロウストーンは花と同じ高さに置かれるわけですから、Y座標は②のプログラムと全く同じでいいですね。ただ、半径も同じだと、花の上にグロウストーンが重なって花が消えてしまいます。なので、半径は②より小さくすればいいのです。そのため半径から−1しておきます。これで円ブロックのプログラムは完成です。


あとは、半径とY座標を変えながら繰り返します。今 r は「-1ずつ変える」になっていますから、くり返す回数は半径の初期値と同じになりますね。






念のため、サンプルプログラムもアップしておきます。こちらもご活用ください。

→光る花のツリーサンプルプログラムをダウンロード



 僕は教室では、これを作った後、こんな課題を出したりします。このツリーを、下のように5×5個、25個並べるプログラムにするのです。これはいろいろなやり方がありますが、繰り返しで変わった変数を、プログラムの中で初期値に戻す必要があります。これに気づけば、それほど難しくは無いと思います。ぜひチャレンジしてみてください。



MCブロックビルダーを初歩の初歩から、ここにあるように座標を変数にしたいろいろな作例まで解説した電子書籍です。Kindle Unlimitedにも対応しています。ぜひこちらもご参照ください。

閲覧数:65回0件のコメント